岐阜県プラスチック事業健康保険組合 文字サイズ 文字サイズ小 文字サイズ中 文字サイズ大
 
TOP健保を使うには傷病手当金

傷病手当金

病気やけがで働けないときは休業1日につき所定の額を支給


 
本人(被保険者)が、労災保険から給付がある業務災害以外の病気やけがの治療のため仕事につくことができず、給料等がもらえないときは、本人とその家族の生活を守るために、「傷病手当金」が支給されます。

被保険者期間が12ヵ月に満たない場合は@「被保険者期間の標準報酬月額の平均÷30」A「当健保組合の全被保険者の標準報酬月額の平均÷30」のどちらか少ない額が基準となります。
傷病手当金の1円未満の端数は、50銭未満は切り捨て、50銭以上は1円に切り上げます。
資格喪失後の継続給付受給者が老齢厚生年金等を受給している場合は、傷病手当金の方が高額な場合に限り、その差額が支給されます。

手続き傷病手当金

「傷病手当金請求書」に、事業主および報酬支払いの有無に関する証明と、医師の“労務不能”という意見書を受けて提出。


関連項目

前のページへ戻る このページのトップへ

 
Contents
お知らせ
組合ご案内
健保ってなに
健保を使うには
健康づくり
退職後どうなる
届け出・手続き
Q&A一覧
リンク集
個人情報保護
サイトマップ

Copyright © since 2008 岐阜県プラスチック事業健康保険組合 All Right Reserved.