岐阜県プラスチック事業健康保険組合 文字サイズ 文字サイズ小 文字サイズ中 文字サイズ大
 
TOP健保ってなに健康保険組合のあらまし

健康保険組合のあらまし

わたしたちの生活を守る健康保険組合


 
健康保険は、働いている人たちがふだんからその収入に応じて保険料を出し合い、これに事業主も負担し、病気・けが・出産・死亡などのときに必要な医療や現金を支給して、お互いに生活上の不安を少しでもなくしていこう、という目的から生まれた制度です。
私たちの岐阜県プラスチック事業健康保険組合は、昭和61年に厚生大臣(当時)の認可を得て設立されました。


保健事業の一環として、健康保険組合は加入する40歳以上75歳未満の本人と家族に対して、メタボリックシンドロームに重点を置いた健診の実施と健診結果に基づく保健指導を実施する義務があります。
また、医療費データや健診情報等のデータ分析に基づき、効率的・効果的な保健事業を実施する「データヘルス計画」の取り組みも行っています。


関連項目

前のページへ戻る このページのトップへ

 
Contents
お知らせ
組合ご案内
健保ってなに
健保を使うには
健康づくり
退職後どうなる
届け出・手続き
Q&A一覧
リンク集
個人情報保護
サイトマップ

Copyright © since 2008 岐阜県プラスチック事業健康保険組合 All Right Reserved.