岐阜県プラスチック事業健康保険組合 文字サイズ 文字サイズ小 文字サイズ中 文字サイズ大
 
TOP健康づくり特定健診

特定健診

メタボリックシンドロームに着目した健康診査を


 
目には見えないところで、病気の元が蓄積されている可能性があります。特に40歳を超えた人は、内臓に脂肪が蓄積されるメタボリックシンドロームの状態でいると、脳梗塞や脳卒中といった大きな病気になる可能性が高いことがわかっています。特定健診では、メタボリックシンドロームを早期に発見し、病気になる以前のもっと早い段階から、生活習慣病を予防します。

●特定健診

「特定健診」ってナニ?
メタボリックシンドロームの予防に重視した健診です
心筋梗塞、狭心症などの心血管系の病気や脳卒中、糖尿病の合併症などといった大きな病気になる危険性が高いメタボリックシンドロームを予防するため、「腹囲」の計測などを実施します。検査項目はこちら
 また、特定健診の結果に応じ、個人に合わせた保健指導を行います。

対象者
年度中(4月1日から翌年3月末日まで)に40〜75歳未満の年齢に達する被扶養者。
※年度の途中で扶養認定された家族の方、扶養を外れる家族の方、妊娠された方は除く。
※75歳になる方は、75歳の誕生日前日までは対象となります。
〔パートなど勤務先の定期健康診断を受診される方〕
勤務先で受診した健診結果表を当健康保険組合に送付してください。その結果表をもとに保健指導を行います。送付いただいた方には、送料・手数料などとして図書券(1,000円分)をお送りいたします。結果表は随時受け付けますが、必ず結果表の余白に保険証の記号番号をご記入ください。
〈送付先〉〒500-8358 岐阜市六条南2-11-1 岐阜県プラスチック事業健康保険組合
受診機関
集合契約A ― 主に総合病院や健診機関で受診していただきます。
集合契約B ― 開業医院で受診していただきます。
受診機関はこちらから検索してください
健診費用
・自己負担額=健診費用-7,020円(健保組合負担額)
健診当日、窓口にて自己負担額をお支払いください。
受診方法
ご希望の健診機関へ直接予約をしていただき、受診券と健康保険証をご持参のうえ受診してください。
※平成30年度の実施期限は平成31年2月末です。
●集合契約Bの開業医院で受診の場合
特定健診(集合契約B)が実施できるかどうかを確認のうえ、直接予約をしてください。予約が取れましたら、受診券と健康保険証をご持参のうえ受診してください。
注意事項
※受診券の有効期限は平成31年2月末です。
※健診費用は集合契約Aが7,020円集合契約Bがおおよそ7,500円〜10,000円と、健診内容は同じでも、開業医院による集合契約Bの方が高くなっています。みなさまが受診された場合、この額から健保負担額7,020円を差引いた額をお支払いいただきます。
特定健診等実施施設検索システムこちらでも健診機関をお選びいただけます。その際、保険証が必要となります。
※昨年と違う健診機関で受診する場合は、受診時に昨年の健診結果表をご持参ください。
※平成31年3月31日までに75歳になる方は、75歳の誕生日前日までに受診してください。(誕生日以降は後期高齢者医療制度へ変わるため受けられません)
※受診券では「集合契約していない医療機関」での特定健診はできませんので、ご注意ください。なおご希望の場合は、ご自身で申し込みをし、一旦受診時に全額健診費用をご負担いただきます。その後、健保組合から特定健診と同額(7,020円)の助成金をお支払いいたしますので、健診領収書写受診後結果表および質問表とともに、保健施設助成金支給請求書をお送りください。
※「集合契約をしていない医療機関」で特定健診を希望される場合は、予約時に、特定健診の可否をご確認のうえ受診申し込みをしてください。また、健診費用は医療機関によって異なります。
※「日帰りドック」もご利用いただけます。この場合は「受診券」は使用できません。ご自身で日帰りドックの予約を取り、必ず健康保険証を提示して受診してください。当組合の契約健診機関で受診の場合は、受診費用の総額から当組合の補助額17,000円を引いた額(自己負担金)を健診機関窓口でお支払いください。受診後、健保組合へ請求手続き等の必要はございません。契約健診機関はホームページを見ていただくか健診機関にお尋ねください。契約医療機関でない場合は従来通り、一旦全額お支払いいただき、後日健保組合に助成金の申請が必要です。
※女性被扶養者のために、特定健診項目にさらに女性特有の子宮頸がんや乳がん等を付加した共同巡回健診(委託先・鰍まの創建 実施機関・(社)半田市医師会健康管理センター及び提携医療機関)も受診いただけます。5月〜6月に特定健診対象者のうち女性被扶養者の皆様のご自宅に案内書を送付いたしますので、ご希望の方はお近くの健診会場をお選びいただきハガキまたはWebで申し込みをしてください。詳しくは送付される案内をご覧ください。
※これら健診の健保組合補助は1年にどちらかの健診1回です。

特定健診で調べた結果をもとに、みなさまの健康をサポートしていきます。健診結果から該当する項目のボックスにチェックを入れ、最後に判定するボタンをクリックするとあなたに合ったサポートがわかります。

1.腹囲とBMI(肥満度) ※ひとつだけチェックしてください
タイプA…おへその高さの腹囲が男性85p以上、女性90cm以上
タイプB…腹囲は基準を下回っているが、BMIが25以上
  ※BMI=体重(kg)÷身長(m)÷身長(m)
どちらにもあてはまらない

2.検査結果や質問票 ※該当する項目すべてにチェックしてください
血糖値:空腹時血糖値が100mg/dl以上またはヘモグロビンA1cが5.6%以上
※やむを得ず空腹時(絶食10時間以上)以外に採血し、HbA1cを測定しない場合は、食事開始時から3.5時間未満を除く随時血糖値が100mg/dl以上
※特定保健指導の対象者を選定するための基準です。
血中脂質:中性脂肪が150mg/dl以上またはHDLコレステロールが40mg/dl未満
血圧:収縮期血圧が130mmHg以上または拡張期血圧が85mmHg以上
  ※上記項目にひとつでも該当する場合
質問票:喫煙歴あり
チェックが終わったら結果を判定!     

 

まずは健診を受けましょう

75歳以上の人を対象とした後期高齢者医療制度に、各医療保険者は「後期高齢者支援金」を拠出しています。この支援金額は、特定健診・特定保健指導の実施率に加え、特定保健指導の対象者割合の減少幅など、複数の指標により評価され、加算・減算されます。加算・減算率については2020年度までに最大で法定上限の10%まで段階的に引き上げられます。
被保険者および被扶養者のみなさんが健診を受けることが、健保財政に影響を与えることになりますので、日頃の健康的な生活習慣を実践するとともに、年に一度は必ず健診を受けてください。



関連項目

前のページへ戻る このページのトップへ

 
Contents
お知らせ
組合ご案内
健保ってなに
健保を使うには
健康づくり
退職後どうなる
届け出・手続き
Q&A一覧
リンク集
個人情報保護
サイトマップ

Copyright © since 2008 岐阜県プラスチック事業健康保険組合 All Right Reserved.